老舗薬局4代目社長の実践躬行ブログ |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 小松 義人 on  | 

かけがえのないもの

2月も中旬に入り、ようやくインフルエンザが落ち着いてきました。
私が勤務している小児科に隣接する薬局では、1月の2週目から大流行が始まり、ほぼ1ヶ月間続きました。
正直なところ、体力的にしんどかったです... 薬局スタッフの皆も栄養剤を飲みながら、倒れずによく頑張ってくれました!聞くところによると、インフルエンザ治療薬のイナビルの出荷量が例年の6倍、タミフルが3倍以上だったそうです(驚)
来週末は薬剤師国家試験。受験される皆さんは全員合格して欲しいですね~
応援しています!体調を整えて頑張ってください!!

先週末は、成和産業が主催する第2回 「Pharmacy Top Seminar」に参加してきました。
成和産業と言えば、4月から常盤薬品と合併して「ティーエスアルフレッサ」という新会社に生まれ変わります。薬局の息子として生まれてきた私にとって、物心がついたころから、緑とオレンジのカラーの成和産業の車は、とても親しみのあるものでした。。。医薬品卸業界の合併、再編が進み、カタカナ表記の会社が増えていく中で、唯一漢字表記だった「成和産業」の名前がなくなるのは少し寂しい気がします。
これまで、「成和さん」と呼んでいましたが、これからは何て呼べばいいんだろう??
「ティーエスさん?」「アルフレッサさん?」慣れるまで時間がかかりそうです(笑)
新会社になっても、これまで通り地元に密着した卸さんであって欲しいですね。
特に30代で新会社の取締役に就任するT部長には、期待しています!
新会社になっても、 「Pharmacy Top Seminar」を続けてくださいね!

さて、肝心のセミナーの内容ですが、2部構成で第1部は「薬局が知っておきたい病院・診療所の動向」
第2部は「税務調査対策とH26年度税制改正」でした。
第1部は、今後の業界の流れがわかる内容でした。大病院の一般外来の縮小が加速していくようです。
これは薬局業界にとって、大きな転機になるかもしれません。。。
第2部は、いつもながら生々しい内容でした。経営者にとって最も興味があるのは、経費、相続、贈与に関してです。特に株式対策は逼緊の課題です。株式の評価額を把握し、税理士さんとよく相談しながら進めなければなりません。

セミナー後は懇親会。この場では普段から仲良くしている同業経営者とざっくばらんな情報交換をしながら、
お互いの悩みを吐露します。この時間がとても大切なんです。
いつも懇親会の席では時間が足りないため、勝手に2次会を設営してぐっつり話をします。こうして夜は更けていくのですが、本当に励みになる同業経営者の仲間と出会えてよかったなあと今さらながら思います。
この仕事をやめない限り、一生仲間としてお付き合いしていくんでしょうね。
今の私にとって、かけがえのないものです。
昨夜も呉の同業経営者の仲間と酒を酌み交わしながらぐっつりやってきました。
地元の細かな情報交換ができた素晴らしい会でした。。。

同業経営者の仲間の皆さん、引き続き、お世話になりますがよろしくお願いいたします。
楽しく明るい未来を語っていきましょう!!

Sセミナ-

スポンサーサイト
Category : 未分類
Posted by 小松 義人 on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。