FC2ブログ

老舗薬局4代目社長の実践躬行ブログ |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 小松 義人 on  | 

ヨヤクスリ!?

ソチオリンピックでの羽生選手の金メダルをはじめ、日本人選手の活躍に日本中が盛り上がっていますね~
そのなかでも葛西選手の銀メダル、ジャンプ団体の銅メダルには感動しました!
41歳という体力の衰えを感じざるを得ない年齢にもかかわらず、若い時と変わらない飛距離を飛び、日本のエースに君臨している姿は、まさに「レジェンド」ですね~
今回、個人で銀メダルを取った時には、「次の目標は次のオリンピックで金メダルを取ること!」と爽やかな笑顔で発言され、団体で銅メダルを取った時は、「若い選手にどうしても取らせてやりたかった!」と涙を流しながら発言された姿にただただ感動しました(涙)
葛西選手のポジティブな挑戦と後輩思いの器の大きさを見習いたいと思います。

さて、話は変わりますが、インターネット通販業者のケンコーコムがスマートフォンで撮影した処方せん画像を薬局にFAX送信するサービス「ヨヤクスリ」(←click)を始めたようですね。
患者さんが「ヨヤクスリ」を使って、希望する薬局に処方箋画像を送信する手順は、次の通りです。
(ケンコーコムのプレスリリースより抜粋)

【1】ヨヤクスリのウェブサイト上でユーザー登録を行う。
 (氏名、メールアドレス、電話番号、パスワードなどを登録)
【2】病院・診療所で診察を受け、処方箋を受け取る。
【3】スマートフォンなどでヨヤクスリのウェブサイトにログインし、薬を受け取りたい薬局を選択する。
 (薬局は、現在地や駅名などから検索可能)
【4】スマートフォンなどで処方箋を正面から撮影する。
 (または、処方箋画像をウェブ上にアップロードする)
【5】確認用の電話番号と、受け取り希望日時(処方箋発行日から4日以内)を入力する。
【6】個人情報の取り扱いに同意して送信ボタンを押す。指定した薬局に処方箋画像がFAXで送られる。
【7】患者は処方箋の原本を持参し、指定した薬局で薬を受け取る。

個人的には、非常に便利で魅力的なサービスだと思いますし、患者さんにとっても療養生活の提案の1つになるのではないかと思います。
弊社ではお薬ができたら、電話やメールでお知らせする「お薬できましたお知らせサービス」(←click)を行っていますが、このサービスは、患者さん自身が処方せんを薬局へ持参するか、FAXで薬局に送信してもらうわけですが、時代の流れを鑑みると、スマートフォンで撮影した処方せん画像を薬局にFAX送信するサービスの方が患者さんにとってみれば間違いなく手軽で便利です。
監督官庁の厚労省がどういう判断をするか気になりましたが、処方せんの電送に関してはあっさりOKだったみたいです。
業界団体がどういった反応するかはまだわかりませんが、患者さんの安全性と利便性と時代の流れをメインに考えていただきたいですね。

ヨヤクスリのサイトを見ると、弊社も掲載されていました。
何の案内もなかったのでちょっとビックリしましたが、掲載内容を見ると、FAX薬局ではなく一般薬局で掲載されていました(涙)
FAX対応ぐらい出来るんですけどね~
どこのデータを見て掲載されたのかわかりませんが、掲載する以上、掲載内容の確認はとって欲しかったです。早速、掲載内容修正メールを出させていただきます。
せっかくよいサービスを開発されたのですから、コラボして上手くやっていきたいですね!

DSC_0456.jpg

Category : 未分類
Posted by 小松 義人 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://komatsu93.blog.fc2.com/tb.php/18-ded18463
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。