FC2ブログ

老舗薬局4代目社長の実践躬行ブログ |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 小松 義人 on  | 

価値を創る!

ようやく春の息吹が感じられる季節になりました。
しかし、今シーズン爆発的に流行しなかったインフルエンザが未だに発症しています。注意してくださいね。

3月16日は、東京でclassA「感性経営塾」に参加してきました。今回は「コミュニティデザイン」について勉強してきました。講師は、東北芸術工科大学コミュニティデザイン学科長の山崎亮氏でした。
「コミュニティデザイン」ってなかなか耳慣れない言葉ですが、簡単にいうならば、コミュニティを元気づける!ということです。
これが、薬局経営とどう結びつくのかと言いますと、薬局は地域に密着した仕事であり、地域の皆さんのコミュ二ティヘルス空間を創って、医療にかかわらなくても来れる薬局であることが、これからの薬局の新たな価値を見出すということです。印象に残ったのは、民間企業が公共性を持つこと、まちづくりに貢献していくことが重要と言われたことです。
私は、30代の間は、青年会議所でまちづくり活動に励んでいました。少なからず、この経験は現在のビジネスに活きているのですが、この話を聞いて、青年会議所の活動とビジネスが結びついたと感じることができた瞬間でした。

3月19日は、広島でclassAベーシックセミナーが開催され、参加してきました。
classAの橋本薫会長は、いつも我々の業界にない切り口で、薬局経営に多くのヒントを与えてくれます。
今回も抜群のセンスのプレゼンで多くの気づきをいただきました。
「健康産業の中心は薬局にある」「地域社会に深い満足感を与えられる薬局」「患者さんは元気になったら、薬局に来なくなる。患者さんで終わらせず、病気以外の時も健康面で地域の皆さんを支えるセルフメディケーションに新たな価値を見出していこう。ライフスタイル(明日の素晴らしさ)の提案をすることによって、患者さんが顧客になり、生涯顧客化を目指すべき」
「かかりつけ薬局ではなくて、お気に入りの薬局 My Favorite Pharmacy になろう!」
「薬剤師の未来価値は、薬局での活動にプラスして街中での活動、Smart Pharnacist」
「保険薬局の日本一の大きさに価値はない。地域密着度№1であるべき」
なんだか、備忘録のようになってしまいましたが、目から鱗のセミナーでした。最後に1つ、会社のブランディングに最も必要なものは、社会的使命の表明「私は社会に何をしたいのか?」これをコーポレートメッセージとして発信すること。じっくり考えてみたいと思います。

セミナー終了後は、お疲れのところを無理を言って、同業同志のGカンパニー社長、U薬局社長とともに橋本会長と会食させていただきました。大変刺激的なひとときでした。
五十嵐社長、エバルスの皆さまにもお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

明日は、再度上京し、3月最後のセミナーを受けてきます。
よく学び、よく遊び、たくさんの感動体験をすることによって、感性を磨き、いつもと違う道を歩きながら、新たな価値を創っていきたいと思います。
頑張ります!!

DSC_0480.jpg 579224_749214661779367_1897072155_n.jpg

Category : 未分類
Posted by 小松 義人 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://komatsu93.blog.fc2.com/tb.php/21-295a8af1
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。